WORK STYLE(ワークスタイル)|Auto System.(オートシステム) を駆使し、
自動収益化システムで何も考えずに毎日収益を作る!

ユーザー 様

ユーザー 様

お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード(ビザ・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス)でのお支払いが可能です。

特別参加費用2万円だけで開始できます!
※参加費30万円を成果報酬型(後払い)で受付致します!毎月150万円稼ぐようになってからお支払いください。

世界共通ビジネス・ワークスタイルの特性は、
スポーツ系という、今までにないジャンルを開拓したところにあります。

既に各先進国では一般的になりつつありますが、
日本ではまだ馴染みがないジャンルですよね。

つまり“競合が全くいない”のです。

それゆえに、現在の日本では、もっとも勝機に溢れたビジネスといえます。

勿論スポーツ系といっても、体を動かすことなく、
パソコンやスマホ一台で、済む程度のビジネスです。

ワークスタイルは、思考という“雑念”になりがちなものも全て排除し、
ただ、機械的に収益をあげ続けるシステムを搭載。

その名も・・・

そもそも、ある程度メジャーなスポーツであれば、オリンピックをはじめとした世界大会があり、
テレビや雑誌、インターネットを通じて、世界的に大変注目されますよね。

注目されるということは「人やアクセスがそこに集まっている」ということになります。

人が集まっていれば、それだけでビジネスになるということは誰もが知っています。

これまで、スポーツ系ビジネスは、スポーツ用品メーカーや、ノベルティ制作会社、
デザイン会社、運営会社、大手広告会社らが、その利益を得るという構造でした。

オリンピック等の大きな世界大会を見ても、上記にプラスして、せいぜい建設会社が儲かるくらいで、
折角、そのスポーツを目当てに集まった人たちが沢山いても、十分に活用することができないままでした。

つまり、これらスポーツ専門企業以外の会社や、そのビジネスに関わる人たちは

「スポーツによって集まった人」

を有効に活用できていなかったのです。

上手く行かない代表例でいうと、ホテル事業が挙げられます。

オリンピックがあるから、人が来る。 人が来るのでホテル事業をやろう、となっても、一過性のビジネスです。
また、オリンピックが開催されるタイミングまでは稼げません。

更に多額の初期投資も必要になります。

勿論、たとえ一過性でも莫大な利益が稼げるとはいえ、
ホテル事業者でもない、ましてや、何も持たない人たちが参入できるほど、その障壁は低くありません。

しかしワークスタイルは違います。

時間も、スキルもない。
そんな何も持たない私達でも、スポーツという大きな分野で、勝機を得ることができる。

繰り返しになりますが、ワークスタイルは
”何も考えずにプレーする”。

ワークスタイルは、思考という”雑念”になりがちなものも全て排除し、
ただ、機械的に収益をあげ続けるシステムを搭載。

Auto System.(オートシステム) = 自動収益化システム

これがワークスタイルが最強である理由です。

既に多くの国々と、インターネットを通じてグローバル化している現代日本社会。 スポーツ系ビジネスは今、最も世界中から注目され、勢いがあるビジネスと言っていいでしょう。

なにより、スポーツは世界共通のものです。どこでも対応が可能なのです。

そのスポーツ系が高効率でビジネス化されている…。

ユーザー 様

ユーザー 様

送られてくる内容通りに実行するだけ。

今稼げないモノでは、今稼ぐことはできません。
ワークスタイルは、今稼ぐためのノウハウであり、システムであり、オペレーションです。

もう一度言います。

今稼げるモノを使えば今その瞬間に稼ぐ事ができます!
ワークスタイルは、
今稼ぐために必要な究極のノウハウであり、究極のシステムであり、究極のオペレーションです。

今まで、アメリカ、ブラジル、中国、韓国、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、
ベトナムといったアジア圏を中心にビジネスに取り組んで来ましたが、
日本がダントツでインターネットビジネスで遅れをとっているのです。

それはなぜだかわかりますか?

日本人は何をやるにも、マイナス思考で、自主性に欠けているからです。
日本人は何をやるにも、生真面目で、休むことを知らないからです。
日本人は何をやるにも、集団主義で、自由があっても活用することができないからです。

日本人のイメージ言えば、真面目で勤勉。
スーツに7-3ワケのサラリーマンが印象的ですよね。

とにかく仕事に対しても勉強に対しても、ひたすらに真面目な日本人。
海外からは残業王国と呼ばれることもあり、その結果、うつ病大国とも呼ばれます。

仕事に真面目すぎる日本人は、異常なくらいにうつ病体質な人が多く、
うつ病退職をしてしまう人が近年増加傾向にあるそうです。

真面目な性格が悪いと言うわけではありませんが、真面目すぎると体に毒です。

海外を見てみると、インターネットビジネスがポピュラーとなり、
仕事はやりたい時にやって後はバカンスを楽しむライフスタイルか増えています。

先進国である日本も、そうあるべきだと思うのです。

日本は先進国の中でも大国の一つです。
しかしながら、もしその実態が、国民の体力をすり減らして実現されたものであるなら。
それが本当の日本の姿なのであれば、私はそれを変えたいのです。

私は、日本人向けに、わずかなスポーツの経験や知識でも
十分に活かせる、世界共通ビジネス、ワークスタイルで
稼いでいただきたいと考えたのです。

どうか、心ある日本人の方々に、このワークスタイルを活用していただきたい。

これが私の願いです。

以前も申し上げましたが、
ワークスタイルは3Nを搭載しています。

私を含めた、ワークスタイルという、この参加型プロジェクトは
「参加者さま同士が、このフィールド(市場)を盛り上げることで爆発的にブームを作り出す」
ということを可能にするものです。

これが3Nを達成するための、大切な第一歩となります。

例えば「iQOS/アイコス」つまり電子タバコがありますが…。
発売されてから、アメトーク!でも特集されて、ついには入手困難にもなりましたよね?
これは、口コミ=バイラルによってブランドが向上したり、認知が広まったから起きた現象です。
つまり「参加者同士で連結された広告」は、すぐにブランド化され、大きな価値を持つのです。

この他にも「ポケモンGO」などが例に挙げられます。
最初期から、徹底的に口コミに力をかけ、バズ・マーケティング(ブームを操る広告)によって、
多くのアプリダウンロード総数を稼ぎました。

彼らはアプリをダウンロードさせ、課金をさせ、ユーザーデータを保有し、
そこに向けて、更に広告をかけ、莫大な利益を挙げているのです。
あまりの流行りぶりに、アプリ所有者でもない、いち関連企業の任天堂ですら
株価が急上昇したニュースは記憶にあたらしいところだと思います。

このように、
多くの人たちの支えによって、ブームは生まれ、お金は生まれていきます。

私1人の力だけで爆発的にお金を稼ぐことなど、不可能に近いのです。

何故、ワークスタイルに参加すると、大きなブームを起こせたり、高いブランド力を持てるのか?

それは、参加者一人ひとりの力が、相互に作用することで、
ブームを左右し、果ては、このプロジェクトに参加していない、
ワークスタイルから、利益を獲得できない人たちすら、
勝手に巻き込めるシステムがあるからなのです。

そう。つまり。
ワークスタイルは、高度な戦略性の伴ったビジネスなのです。

例えば、逆説的ではありますが、このワークスタイルの説明をご覧になっていただいている…!

「あなた!ユーザー 様

ワークスタイルに参加することを通じて、ビジネスを行えば…。

あなたと私達で、爆発的な富を生む事が出来るのです!

効率よく稼ぐ方法とは、運や努力によるものではありません。
全ての勝利は、確かな戦略性が担保されているかどうかで、その成否が別れます。

正しい戦略によって描かれた勝利は、
もはや掴むものではなく、約束されたものになるのです。

約束された勝利のため、その戦略を描くためには、協力者を確保することが必須となります。

その一員となるのが、『あなた』です!

ユーザー 様

完璧な戦略の元、このワークスタイルで是非一緒に稼いでいきましょう!

「月収150万円? そんなの夢のまた夢……」

もしそんなふうに思っていいらっしゃるのなら。
その考え、少しだけ切り替えていただきます。

国策に絡み、通信インフラ網が整備され、完全にインターネットが普及した現代日本。
お金を稼ぐことは昔よりずっとずっと簡単になっています。

いくらでもビジネスチャンスを見つけることができ、
それらのほとんどが(昔と違い)実現可能。

これは、あなたの収入に上限が無いことを示しています。

稼ぐための仕組みは、一つ一つを採りあげてみると、とても単純なもので出来ています。

実行するのは非常に簡単。時間もかからない。

こんなに簡単に、楽をして稼いでいいのか?
日本人ならそう思ってしまえるような方法が、ワークスタイルにはこめられているのです。

ただこんな話を聞くと、皆さんどうしてもこのように思われると思います。

「え?簡単?そんなわけがない!みんなお金で苦労しているじゃないか!」

…無理もありません。なぜなら。
現代日本では恐ろしい現象が起きているのです。

それは…

「お金を稼ぐのが簡単な時代なのに、お金を稼げていない人が多い。」
という実に不可解な現象が起きているからです。

では、どうしてお金を稼ぐのが簡単な時代なのに、
実際にお金を稼げている人が少ないのか?

どうして月収150万円以上稼ぐ人が僅かで、限られしまっているのか?

その原因、お分かりになりますか?
その原因は、実にシンプルなことなのです。

お金を簡単に稼ぐためには戦略の他に”条件”があるんです。

その条件を満たしていないから、
多くの人たちは簡単にはお金を稼げない状況においやられているのです。

稼ぐための条件は主に3つあります。

ワークスタイルで熊本の指導を受けると、
「どうやってお金を稼ぐのか」が分かるようになる。

ワークスタイルでは、熊本がメンターになる。
必要なノウハウだけをアドバイスしてもらえるため、無駄がない。
しかも、普通のメンターと違って(個人的な感情ぬきで)
遠慮なく厳しい指摘をしてもらえるため、アドバイスの効果が高い。

ワークスタイルの会員になると、
今やるべきこと、今日やるべきことを助言。
そのため、会員である限りは嫌でも「正確な行動」を続けることになる。


一見、誰でもできそうな簡単なことに思えるでしょう?
でも、ほとんどの人がこれら3つの条件を満たすことができていないのです。

まず、自主性の欠如と自己のスキル不足による不安から、
サラリーマン生活にしがみつき、いつになっても副業すら始めず、
次から次へとビジネス書を読みあさり、あふれるほどのノウハウを頭に詰めこんだにも関わらず、
脳内知識の10%も実行しない。
実行したとしても続けられない……。

そんな人達が、たくさんいます。

もちろん、サラリーマン生活で規則正しい生活をし、
限られた少ないお金をやりくりし、家族、子供に苦しい思いをさせて、
自分も豊かとならないままに、一生を終える…。

そういう人生も、悪くはないのでしょう。

私も、そんな”幸せを知らないままに生きること”を完全な悪だということはできません。
なぜなら、それが楽しくて、それで満足しているのなら、何も変える必要はないと考えているからです。

資本主義の話をしましたが、負け組はどうしても出来てしまいます。
特に日本は、多くの人が負け組に留まるよう、教育を施されます。
この教育から受ける「自分は、稼げないようにされているのではないか?」
という違和感に気付けた人は幸せです。

普通は皆、その違和感に気付かないまま、負け組になるよう、その社会的システムに組み込まれてしまいやすく、
また”負けるために組み込まれた現実”を正義だと思い込んでしまうのです。

私から言えることがあるとするならば、

「月収150万円以上稼ぎたいなら、上記3つの条件を満たす必要がある。」
「今、その条件を満たしていないなら、確実に満たせるように手を打ったほうがいい。」

というだけです。

特に大事なのは条件2です。

ノウハウを追い求めることをやめ、本物のメンターに指導してもらえば、
メンター無しで実行した場合と比べ、実に10倍、簡単に収入を増やすことができるでしょう。

それは何故か?

ドイツの宰相、オットー・フォン・ビスマルクの有名な言葉があります。
皆様も聞いたことはありませんか?

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」

という言葉を。
実はこれには続きがあるのをご存知でしょうか?
その続きとは…。

というものです。

メンターは、歴史に学び、人に学ぶことで、そのビジネスを成功させてきました。

歴史だけでもダメですし、自らの経験だけでもダメなのです。
歴史を学び、他人の経験から学ぶという、2つの学びを経験した人間、
つまりメンターから学ぶことこそ、ビジネスを成功させる最短距離を走ることだと言えるのです。

はっきり言って、情報は取りきろうと思っても取りきれません。
ましてや簡単に手に入る情報、例えば…

「あるノウハウを知り、そのとおりにやって年収1000万円以上稼げる」
などという情報を取りきることはまず不可能です。
(理屈に合わない情報にはくれぐれも、ひっかからないでくださいね!)

百歩譲ってありえたとしても、それは一時的な成功で終わるでしょう。

なぜなら、月収150万円以上稼ぐレベルになると、
“モノマネ”が効かなくなるからです。

誰かが教えてくれたノウハウをそのまま使って成功したとして、その成功をキープできると思いますか?

例えば、2015年に使って成功したハウツーを
2016年になっても使い続けていて収入をキープできるでしょうか?

答えは“NO”です。

戦略の話もさせていただきましたが、状況の変化に対応するためには、戦略の方針も変化させねばならないのです。
基本は変わらずとも、その戦略が向かう方向に、常に変化が必要なのです。

“モノマネ”で月収150万円以上をキープできるほど、ビジネスの世界は甘くありません。

個人レベルで月収150万円以上稼ぎ、その稼ぎをキープするためには、
固定されたノウハウではなく「独特の頭脳」が必要なのです。

言い換えれば、月収150万円を求めるのではなく、
月収150万円を生み出す「元」となる「独特の頭脳」を求めることが、その収入を安定させる正道なのです。

では、その頭脳はどうやったら手に入れられるか?

一番即効性が高いのは、メンターに継続的な指導してもらい、
皆様自身の思考(と行動)を根本から変えていってもらうことです。

それは、スポーツ選手のトレーニングのようなものです。

スポーツ選手は、一流のコーチに指導してもらい、
トレーニングを受けて、まず、体を変えていきますよね。

そうして体を変えてから、いろんなテクニックを身につけていき、
オリジナルのテクニックも編み出していきます。

プロのコーチがついて入念な準備を行なっていたら、本番で怪我することはない。

ビジネスにおいてもプロのメンターがついていれば失敗をすることはない。

私も、日本だけでなく、海外、その中でもとりわけ日本とも関係の深い、
アジア圏でのビジネスを数多く成功させてきました。
戦略の基本は既にできています。
後は、状況変化に対応できる、独特の頭脳を皆さんに持っていただければ、失敗はありえません。

ですので、僭越ながら。

この私が、メンター(良き指導者)となります!
この私が、あなたをフルサポートさせていただきます!
この私が、あなたと一緒に、あなたの収入をあげてみせます!

ユーザー 様

もし、あなたが酷くお金に困っているのであれば、
私にとっての2万円とあなたにとっての2万円の価値は大きくかけ離れているかもしれません。

2万円もあれば1ヶ月生活できる!

なんて方もいるかもしれません。
だからと言って…

こういう声を多く聞きます。
しかしながら…厳しいことを言ってしまって本当に申し訳ありませんが、その要望にはお応え出来ません。

なぜなら、あなたは、これから毎月150万円稼ぐ為に、
そのファーストステップを踏み出すのです。

毎月150万円ですよ?年収で言えば1,800万円です!

この2万円は、“稼ぎ方を知る為の2万円”だからです。

この2万円は、あなたの覚悟の程を知るための、
言わば「稼ぐための誓い」のための金額なのです。

ワークスタイルは使い方さえ間違えなければ、間違いなく稼げます。
わたし、熊本賢介が30日間みっちりサポートしてワークスタイルをマスターしていただきます。

何がわからないことがあれば、定期的にヒアリングし、
あなたにあったサポートを徹底して行っていきます。

性別・年齢等の制限は無いので、男性でも、女性でも、ニューハーフでも、
小学生以下でも、100歳以上でも、OK!

サラリーマン・学生・フリーター・ひきこもり・専業主婦・定年退職された方……など、
どんな方でも「やる気」さえあれば大丈夫。

もちろん、
サラリーマン人生リスクの保険として
自営業者スキルを身につけたい人もOK!

どうぞ、遠慮なくお申し込み下さい。

お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード(ビザ・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス)でのお支払いが可能です。

特別参加費用2万円だけで開始できます!
※参加費30万円を成果報酬型(後払い)で受付致します!毎月150万円稼ぐようになってからお支払いください。

お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード(ビザ・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス)でのお支払いが可能です。

特別参加費用2万円だけで開始できます!
※参加費30万円を成果報酬型(後払い)で受付致します!毎月150万円稼ぐようになってからお支払いください。

このワークスタイルは、
月収150万円が稼げるようになることを100%保証するものではありません。

どれくらいの月収を稼げるようになるかは、本人の意志にかかっています。

私がどんなに本気になっても
あなたも一緒に本気になってもらえなければいけません。

行動しない人間は1円も稼げません。
その点、予めご了承ください。

TOP